コンドロイチンが発見されたのは今から140年以上も前のことです。

牛の軟骨から発見されたコンドロイチンは、当時どんな働きがあるのかということは謎でした。
しかし最近の研究によって、コンドロイチンは健康を維持するのに不可欠な成分であるということがわかったのです。
この成分は軟骨の弾力のもとになっています。
そのため関節痛に対しての鎮痛効果を発揮してくれるのです。

コンドロイチンが含まれているのは関節だけではありません。
私たちの身体のいろいろな部位に含まれていて、健免疫力の向上や栄養の吸収の補助など、健康を維持するための重要な働きをしているのです。
痛散湯

このようにコンドロイチンは私たちが生きていく上で決して欠かすことができない成分なのです。
また、老化防止のカギでもあります。

コンドロイチンの持っている保湿効果は、のどや鼻の粘膜の湿度を保ってくれるため、ウイルスや細菌が侵入してくるのを防ぐのを助けてくれます。

粘膜が乾燥してしまうと病気にかかりやすくなってしまうため、粘膜に湿気はとても大切なものなのです。

コンドロイチンの働きで1番大きいものと言えば、関節をスムーズに動かす手助けをすることでしょう。

私たちの身体にも多くの関節が存在します。
その関節は、軟骨というクッションでおおわれているため、スムーズに動くことができるのです。
コンドロイチンはその軟骨に弾力を与えてくれる働きがあります。

もしこのコンドロイチンが不足してしまったらどうなるのでしょう?
軟骨をおおうクッションがなくなり、骨と骨が直接こすれてしまうことになります。
そうなると痛みを発したり、炎症を起こしたりしてしまうのです。
このようにして起こる関節痛は、コンドロイチンを適量摂取することで和らげることができるのです。

また、コンドロイチンの効果には関節痛の鎮痛効果以外にもあります。

このように、コンドロイチンは身体の健康を維持するのに欠かすことができず、もともとは体の中で作られる成分なのです。

しかし年を取るにつれて、コンドロイチンを作り出す量は減っていってしまいます。
そのため、摂取することで補っていかないとダメなのです。
ではコンドロイチンはどのような食材に含まれているのでしょうか?
広く知られているもので言えば、納豆や豚足やサメの軟骨、オクラなどがあります。

それ以外にも、健康食品を通して体に取り入れたりといった柔軟性もあるのです。