28年半年でキッズを分娩し、出産してから2か月後の28年8カ月の時に、膝、肘、足首などの関節痛が起こりました。
事象としては、高い所を並べるためにゲンコツを上に上げようとしたときに苦痛があり、突き上げることができない、洗濯グッズも干せない、しゃがむまま痛くてしゃがむことができないというようなもので、生後2カ月で抱っこばかりの生涯はもちろんのこと、身辺を与える事もままならない程で心から苦労しました。腕を上げたりしゃがんだりの時に苦痛を感じていましたが、それ以外では見受けることはあまりありませんでした。
身辺で困った事は、とりわけ肘の関節痛にてゲンコツが上げられないので高い所のものが取れない、洗濯グッズが干せないについてという、膝や足首の関節痛にて立ったりしゃがんだりする事ができないことです。立ったりしゃがんだりはどこかにつかまらないと辛く、ゲンコツの技術に頼っていました。
また、生後2カ月のキッズといったお風呂に入る時は、キッズを抱っこしているのでゲンコツの技術に頼ることもできず、キッズをバスに洗い流す趣旨にもいかないのでしくじることもできず、さんざっぱら苦労しました。
ソリューションとしては、血行を良くした方がいいのかと思い、アパートにおける時は暇さえあれば揉んだりマッサージしたりしていました。
高校の頃から、ワキや二の腕の黒ずみが気になるようになりました。
原因は、ハイスクールに入ってから、むだ毛の加療をはじめたからだと思います。
剃刀を割振るので、皮膚への励みになって、表皮が固くなったり、シミして黒ずみになったようです。
治したいものの、むだ毛の加療を打ち切ることはできませんでした。
また、黒ずみに関して、如何なる対策をするのが良好か、よく分かっていませんでした。
具体的な対策ができないとおり、黒ずみは悪化して赴き、結構悩んでいました。
皮膚への励みが、黒ずみの原因になっていると思いましたので、外側の励みを燃やすようにしました。
例えば、袖口の幅広い服として、表皮にどんどん服地がふれることがないようにしたり、
夜はクリームをつけて、スレを防ぐようにしていました。
ただ、日中は、もっとクリームをつけていては蒸れてにおいが気になってしまいますので、
におい対策売り物によっていました。
効果がなくなるって置きなおしになるので、そのたびに表皮へ刺激を与えてしまい、
対策しよものの、何やら効果的対策ができていませんでした。
痛散湯
以前よりワキの黒ずみが気になってあり、こちらのアットベリージェリーによってみました。
アットベリージェリーは、コラーゲンやセラミドの効果により、
ワキへの励みを防いで黒ずみを防止して得るだけでなく、
保湿もしてくれて、カサカサによりとなりが敏感になるのを防いで貰える。
また、桑中枢も入っていて、においの原因に陥るばい菌の繁殖も抑えてくれるので、
匂い対策売り物を他に使わなくても、これ一本でとなりの気になることが加勢できます。
こちらを使うようになって、臭い対策売り物をひとつ燃やすことが出来たので、刺激を与える頻度を燃やすことが出来ましたし、
外側刺激からの救助や保湿が楽にできるようになりました。
黒ずみも、少しずつ薄くなってきています。
関節痛それで、関節が固まっているのかとも憧れ、膝は膝裏にテニスボールを挟んで関節を引き伸ばすようにしていました。
ですが、効果は実に見られず、マッサージ師にみてもらったりもし、体の狂い等もみてもらい、歪んでいれば治してもらいましたが、でも効果はありませんでした。
ひと月なかばほど悩まされましたが、自然とぐっすりなってきました。