ちょっと前の事ですが、TVをつけたら、Musicプログラムがやってました。
近年長々お騒がせしてた、あのバンドの方が、前のバンドの熱演が終わったことを受けて、頭を下げてたんです。

など、二つのバンド、誠に仲がいいのか、両者心酔し合ってるのか。
人気になってもそういった考えって大事なんだろうなって思うと、どうにも心から来るものがあって。
痛散湯
若いのに、一際我らから、きちんしてるんじゃないか、って思ったり。

で、そのバンドのボーカリストのことなんですが。
昨年は、僅か変わった着ぐるみとか着てて、本人ははなはだ普通に格好良く熱演してるつもりだったんだろうけど、わたしには、もっとなんか容姿擦り込みたコメディアンみたいで、面白くて笑っちゃうぐらいだったんです。

それが、今年は根こそぎイングリッシュの歌詞で、オール悪徳でぎっしり決めちゃって、はたして格好よかったんです。
誠に、この方、噂によると、他のボーカリストってお交際してたけど、本当は、おんなじバンド内でもお交際されてたとか、微妙な知らせを耳にして。

生い立ちとか、あのイングリッシュアビリティーとか、何だかんだカワイイ方法で、ウソ問題も手強い趣きだけど、ミステリアスな趣きがまた素敵だったり。
私もあんなほうが近くにいたら、やっぱり恋しちゃうのかな。